「動画作れます」だけでは生きていけない

動画講座を開設しました。

もともと数ヶ月前から考えていたものです。


動画の需要は、このコロナ禍でさらに加速しました。

Tokyo EventPlus」というサイトが紹介している、オンライン学習だけでもこんな数。

https://tokyo-eventplus.com/column/free-online-class

動画を作れるという技術はこれから伸びる仕事だと言われています。


これを立ち上げるに当たって、いろいろと調べていました。

編集の仕方、テクニカルな事を教えるスクール、サイト、動画はたくさんあります。

https://web-logg.com/video-edit-school/

自分自身も、YouTubeで、知らない編集方法を学ぶ事とか、Googleで調べることはあります。


ただ、自分が教えたいのは、意味のある動画作り。

1本の動画を自分の頭で考えて作る事の達成感や喜びを味わってもらいたい。


講座では、何を撮影したいのか。何を伝えたいのか。どんなものを作りたいのか。

それをはっきりイメージさせて、動画へと落とし込んでいく作業をします。


テクニカルなところは、「こんな演出したいな」と思ったら自然と調べて身になっていきます。

躓いたところで立ち止まって、プロに聞けば教えてくれます。


何もなく漠然と、動画作れます、動画勉強しました、だけではない人を育てたい。


そして、その先も考えています。

ゴールは1年後の未来。この地域のためです。


「動画制作講座 空-ku-」

https://www.officeku-movie.com/blank-2


予約はこちら

https://www.officeku-movie.com/book-online

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た