こんな時こそ動画

コロナウイルスの拡大で、全国でイベントの中止、学校の休校などの事態が起こっている。


先日、謝恩会が開催できないから、他の方法がないかと問い合わせがあった。

代わりに感謝の言葉などの動画を撮っていって、オンライン上に投稿。パスワードをかけて、関係者だけが自宅などで楽しめるようにしようという案でまとまった。


記事で見たが、BiSHは、ライブ動画の無料配信を期間限定で始めた。ライブに行けない人たちへ向けて最大限に出来ることを考えた結果で、素晴らしい。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000106-natalien-musi


昨日打ち合わせに行った飲食店は、思いもかけない現象が起きていた。

全体的に見れば、歓送迎会のキャンセル、接待も減って、大打撃だという。

ただ、お持ち帰りの需要が、急激に高まったらしい。

接待ができない代わりに、ちょっと高いスイーツを手土産に持って行ったりするケースが多いんだとか。


様々な業種が、いま、客足が遠のいて、苦しんでいると思うが、

こんな時だから、プロモーション出来るものを動画にして発信してみるのは如何だろうか。

3月は、家でスマホ、PCを見るしかない生活になってしまう人がたくさん出てくる。

アーティストなら、こんな時だから、オンラインライブとか。

前述した飲食店なら、お持ち帰りメニューのプロモーションとか、出前とかをSNS広告。


動画、作りますよ。


蛇足だが、私のプロデュースしている「えいちぴーす」https://www.hp-s.online/も初舞台以来、今後のライブとかが心配だ。まぁ、レッスンなどでクオリティを磨いたり、他に出来ることを模索していこう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た