コロナ騒動で受けた仕事の変化

ありがたいことに、コロナウイルスの功罪と言うべきか…仕事がいろいろとあります。

こんな時だから、なんとかPRしたい、オンラインで出来ることをしたい、逆境を乗り越えたい。


【プロモーション動画】

来週、あるお店のプロモーションを撮ります。

単にプロモーションだけではなく、リクルート用としても活用できる動画。

面白企画なので、SNSなどでもバズらせたい。

1つの動画で3つの目的を持ったいい企画です。


【SHOWROOM】

相変わらず、SHOWROOMのイベント作成の依頼が止まりません。

ある人は、卸しをしているけど、卸し先が止まってしまって、在庫を抱えている、と。

生産側を完全に止めることはできないそう。理由は、今、切ると、今後の契約が続けられないから。

だったら、逆にこれを利用して、SHOWROOMでイベント仕掛けちゃいましょう!

という打ち合わせを昨日しました。


【社内行事の撮影】

今進んでいて、もう撮影も決まっているのは、

ある会社の来年度の方針などを発表する社内行事の撮影。

今、コロナの影響で、会社全体で集まるのも自粛ムードなので、

役員などだけで集まって撮影したものを、後日、社員に見てもらおう、というもの。

これも前向きな判断です。



他にもYouTubeチャンネル作ったり、ボランティアの活動を粛々と進めていたり。

こんな中ですが、いろんなことをしています。



水面下で、名古屋の芸能界を変えようという動きもしているので、またお知らせします。

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た