ナゴヤ文化芸術活動緊急支援事業「ナゴヤ・アーティスト・エイド」

http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000128925.html?fbclid=IwAR310KYN6nWUHa7g46srWiGQgdevfjRClgUu_Fpd4Zn3xL2yPIWAG2Klf_4


名古屋市の素晴らしい取り組みです。

今、アーティストは行き場がないです。


昨日、偶然にも、名古屋のあるパフォーマンスの方の撮影をしていました。

計画していた公演が全てアウト。

仲間内のダンサー、パフォーマーも、何もできることがない、と。


OFICE 空は、名古屋のアーティストを応援します。

お手伝いいたしますので、ぜひ、お問い合わせください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨晩も、Zoom飲み会でした。

みなさん動画作成、特にYouTubeに乗り出していて、作品の見せ合いなどして盛り上がりました。


最近、とても感じるのは、コロナで打撃を受けていても、自分の周りに集まっている人は、明るい、前向きな人ばかり。悲観的に「もうだめだ」なんて思っていません。

目の前に補助金、給付金はありますが、その先を考えています。


そして今、自分も、この補助金、給付金で何をするか、そんなことをいろいろと計画実行中です。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た