勝俣州和さんとの(たぶん他の仕事にも役立つ)ちょっとした話

Yahoo!ニュースに出ていた

加藤浩次明かす 番組ADが「腹立つ」女子アナの特徴 「プロデューサーが来たら…」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000176-spnannex-ent


とても分かります。

もう昔の話になりますが、12年前、フジテレビにいて、

バラエティのADをしていました。


ハッキリ言って、今の「ブラック企業」なんて言われている環境の最たるものだったし、

ADはゴミクズのように扱われていました。


そんな中で、やっぱりタレントの中には、

AD相手に優しい人、どうでもよく思ってる人、ひどい扱いする人…いろいろいました。


誰とは言いませんが、とても酷かった人は、

数年後、タレントとしては姿を消していました。


逆に、とても印象に残ってるのが、勝俣さん。

ものすごく些細なことですが、今でも忘れません。


ある番組で、ディレクターが勝俣さんと楽屋で打ち合わせをすることになりました。

僕はデスクにいたので、同行はしていません。

しかし、資料が足りないということで、印刷して届けて欲しいと電話がありました。


すぐ印刷して、楽屋を開けると、まだ打ち合わせ中。

タイミング見てディレクターに資料渡して帰ろう、と思って入り口で立っていました。


それを見つけた勝俣さん。


「どうぞ。立ってないで座ってください。」


ものすごく丁寧でした。こんな僕に、と、こんな小さいことですが、感動しました。

ただ資料渡すだけだったので、「いえ、大丈夫です」と言って去りましたが。



本当に些細なことですが、先日書いた須田亜香里さんもそうですが、

人の良さ、ふとした時の気遣い、こういうところが、芸能界で長く生きていけている人なんだなと実感しました。



ADとPで態度を変える人…?そりゃ、いますよね。

7回の閲覧

© 2023 by REMI FILMS. Proudly created with Wix.com

電話:090-8543-3283

OFFICE 空(Kuu) 内海 大輔

愛知県知立市谷田町宝土58 F-201