勝俣州和さんとの(たぶん他の仕事にも役立つ)ちょっとした話

Yahoo!ニュースに出ていた

加藤浩次明かす 番組ADが「腹立つ」女子アナの特徴 「プロデューサーが来たら…」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000176-spnannex-ent


とても分かります。

もう昔の話になりますが、12年前、フジテレビにいて、

バラエティのADをしていました。


ハッキリ言って、今の「ブラック企業」なんて言われている環境の最たるものだったし、

ADはゴミクズのように扱われていました。


そんな中で、やっぱりタレントの中には、

AD相手に優しい人、どうでもよく思ってる人、ひどい扱いする人…いろいろいました。


誰とは言いませんが、とても酷かった人は、

数年後、タレントとしては姿を消していました。


逆に、とても印象に残ってるのが、勝俣さん。

ものすごく些細なことですが、今でも忘れません。


ある番組で、ディレクターが勝俣さんと楽屋で打ち合わせをすることになりました。

僕はデスクにいたので、同行はしていません。

しかし、資料が足りないということで、印刷して届けて欲しいと電話がありました。


すぐ印刷して、楽屋を開けると、まだ打ち合わせ中。

タイミング見てディレクターに資料渡して帰ろう、と思って入り口で立っていました。


それを見つけた勝俣さん。


「どうぞ。立ってないで座ってください。」


ものすごく丁寧でした。こんな僕に、と、こんな小さいことですが、感動しました。

ただ資料渡すだけだったので、「いえ、大丈夫です」と言って去りましたが。



本当に些細なことですが、先日書いた須田亜香里さんもそうですが、

人の良さ、ふとした時の気遣い、こういうところが、芸能界で長く生きていけている人なんだなと実感しました。



ADとPで態度を変える人…?そりゃ、いますよね。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た