【今日の日経新聞4】地域スポーツ

更新日:8月28日

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20210828&ng=DGKKZO75230430Y1A820C2EA1000


スポーツの生観戦は、特別なものがある。

女子バレーが好きなのですが、2012年ロンドン五輪予選、五輪が決まった瞬間の試合を見に行ったことがあります。

あの会場の雰囲気は、今でも思い出します。

試合は確か、2セット取った後、3セット取られて負けたのですが、決まった瞬間の盛り上がり。知らない人たちとハイタッチし合ったり、喜び合いました。

負けた時の会場の雰囲気も、会場ならでは。


今のは日本代表での話ですが、Vリーグも観に行きます。

ベンチの雰囲気なども間近で見られて面白い。

お互いの応援団が礼儀正しく、挨拶し合っていたり、検討を讃えあうのも素晴らしい。


住まいが愛知県なので、デンソーエアリービーズを応援しています。

最近、選手の退団が多いので心配ですが。

本拠地のある西尾市は、市役所にチームやメンバーの写真のフラッグが掲げられています。

地元企業、飲食店なども、エアリービーズにちなんだお弁当を作ったり、コラボしたりと、全面バックアップ。


こうやって浸透させていくことが、地域スポーツの盛り上げには必要なところ。


逆にある地域では、「うちの市に、スポーツチームあったの?」という声を聞くこともある。

ぜひ、発信力をつけて、まずは地元、周辺市町にファンを作っていくようになって欲しい。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た