発想の広げ方、整理の仕方




まずはこちらをご覧ください。

これは、自分がたまに使うマトリクスです。

真ん中にテーマを書いて、周りに連想されるものを書いていく。

さらに、書いたものを真ん中に持っていって、同じことを繰り返す。


ここには「自分の名前を書く」としています。

自分とは何か。

自分が例えばSNSで何か発信したい。

YouTubeチャンネルを作りたい。

事業をどうにかしていきたい。


こんな時にも、役に立ちます。


何よりも、書いていくことで頭の中が整理されていきます。


出来上がった時に、思いもよらないものが生まれて来ることもあります。

ちなみに、深夜、適当に埋めてみました。


最近、日向坂46が好き(所謂「おひさま」)なので、

面白そうな子にしようと思い、松田好花さんを真ん中に持ってきてみました。

どうでしょうか?


人に「こんな感じでやってみて」という例に使うためのものだったので、

正直にいうと発想というよりは、半分ネットで調べながら埋めていったのですが。

松田さんは、カービィや宮根誠司さんと同じ誕生日なんですね。

バレエと聞いて、最初に頭に浮かんだのが、志村けんさんのあの衣装でした(笑)


こうやって何かを軸にして連想ゲーム、発想を広げることをすることで、

アイデアを生み出すきっかけになっていきます。


実際、番組を作る時によくやっていました。

行き詰まったら、とにかく書いていく。繋げていく。

見直して、キーワードを拾っていく。


ぜひ、試してみてください。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た