競争しない競争戦略

山田英夫さんの著書です。

今、まさに私たちのしていることが、これに当たるので、ご紹介します。


「KUMIチャンネル」

https://www.youtube.com/watch?v=iQjLU68A_1k&t=1s

これは先日、クラウン★トムさんを取材したものの第一弾。


これから僕たちが作ろうとしているのは、テレビ局も、ケーブル局などの地域の媒体も、

また他のYouTubeでもなかなか構築できない、地域に根ざした情報を伝える、

宣伝、PRに特化したチャンネルです。

すぐに真似することは出来ません。だってメンバーそれぞれの個性が混ざって、最高の

チームを作っているから。

僕は、撮影も編集も出来ますが、ネットワークが少ない。これから立ち上がりますが、ホームページも出来ます。その運営は出来ない。

でも、チームでやるんです。このスピード感が、半端なく早い。

この早さも、他には出来ない強みだと思います。トムさんは、出会って1週間で撮影になりました。あと3本、動画を控えてます。



「HP-S.」

これも、アイドル業界が飽和状態の中、僕にしか出来ないもの、この地域でしか作り出せないものを作ろうとしています。

それは、ウンチク語るよりも、これから見ててください。まだ本格的なデビュー前ですしね。



どちらも共通するのは、「ニッチ戦略」だと思います。

大手が参入してこない。してきたところで、最初の利益が小さすぎるので、無理だと思います。



けど、どうしてやるか。

僕の信条は、「地域を盛り上げたい。役に立ちたい」からです。

数万の利益だけでも、これが地域を活性化して、いつか大きくなる。

そう信じてやっているからです。大きくします。


さて。今日も頑張りましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た