薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。


お化けや人殺しなどではない。

周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。

夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。


実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。

そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。

油断をするな、手を抜くな、妥協を許さず進め、と。


「人」を大切にしないといけない。関わってくれた人。

仕事をくれる人はもちろん、自分が雇う側、手伝ってもらう人に対しても。

自分ができない分、手伝ってくれているのだから、邪険にしてはいけない。

自分の利益だけを考えてはいけない。


そんなことをしていれば、必ず周囲にバレて、人がどんどんいなくなる。


そう言った話を、最近もある経営者の方から聞いた。

その方が実際に経験した失敗談だったので、とても響いた。


常に、人への感謝を忘れず、今ある状態を有難いと思い、いつ壊れるか分からないと危機感、緊張感を持って進んでいく。

覚悟を持たせてくれた夢でした。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た

【今日の日経新聞】スキー場に学ぶ、アイデア

スキー場、遊び尽くせ! 逆境に負けず春夏秋も集客 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB3030F0Q1A830C2000000/ まず驚いたのは、20年、21年の春夏秋の集客と冬の集客が、2倍近く、春夏秋の方が多いということ。 それだけ、スキー場の新たな魅力を独自で考えているということだ。 本来のスキー場としての使われ方は、売り上げが下がっているという現実