愛知は、日本一まつりが多い

という統計を取ったわけではありませんが、

愛知が「祭のくに」だというのは、あまり知られいないかもしれません。


数と種類がめちゃくちゃ多いんです。

ちょっと思いつく限り書いてみましょう。


・山車祭り(←これがたぶん一番多い。世界遺産にもなっている)

・おまんと祭り

・万燈まつり

・火祭り

・奥三河の鬼祭り

・鯛まつり

・かぎまんど(大文字焼きの原点みたいなヤツ)

・大提灯祭り


ざっと5分でこれだけ出て来ました。調べたらもっと出てくるんでしょうが、これくらいで。


特に山車が多いのは、尾張が御三家の一つとして栄えて、殿様にいい山車を見せたい、職人が集まる、などが理由の一つだと考えられる。

その職人が集まって出来た県民性が、そのままトヨタが発展する愛知へと繋がっていく。



…と、こういうことを、僕の何十倍も詳しく話せる写真家「デン真」さん。

この度、愛知のまつりを特集する写真集をクラウドファンディング実施中。

https://www.makuake.com/project/aichi_photobook/


僕も支援させてもらいましたが、これは、愛知県の財産になる。

愛知を「まつり」で括ることで、観光、インバウンドの発展にも繋がると思っている。


僕のお仲間のデンさん。

先日、一緒に現場で撮影の仕事を手伝わせてもいただいた。


ぜひ、買っていただきたい。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た