「SHOWROOM」は広告だ

先週、SHOWROOMの社員の方が僕と会えないかと連絡をくれた。

あいにく、予定があってダメだったけど、その時、会った人に話を聞いたら、会っておけばよかったなと。今度は機会があったらお会いしたい。


というのも、タイトル通り。

SHOWROOMの方も、SHOWROOMを広告として活用していって欲しいと思っているようだ。


SHOWROOMといえば、アイドルやアーティストが、

生配信して、投げ銭のシステムでお金儲けをしているイメージだろうか。


この中に、「イベント」というものがある。

「イメージガールオーディション」だとか「●●出演権」だとか。

配信している側にとっては、自分が活躍できるチャンスだ。


勘の良い人ならすぐわかると思いますが、

このイベントが、広告になる、という訳です。


例えば飲食店をしていて、新しいメニューができた。イベントをする。

広告を出したい。

せっかくだから可愛い子を使いたいな、という時に、

SHOWROOMのイベントとして「チラシモデル争奪戦」みたいなことができるんです。


それを目指してイベントに参加する子は、配信ルームで宣伝してくれるし、イベント期間中は、視聴者にもイベントの内容が分かるので、「この子が参加してるイベント何だろう」って調べてくれる。


そして、例えば1位になった子がモデルになったら、

その子の配信ルームを見ていたファンたちは、当然、その子のポスターやチラシを求めて、お店にやってくる。

新規顧客が開拓できると言うわけです。


それ以外にもいろんな使い方ができます。

その辺、僕が今、名古屋で一番、イベントを作っているはずなので、

気になってる人は、連絡お待ちしてます。


こう言う形でPRもできるということだけでも知ってもらえれば。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た