SKE48「バズらせます」が来た話

昨日、プロコワで仕事をしていたら、SKE48の番組「バズらせます」が取材に来た。


僕の仕事をしているすぐ後ろで、須田亜香里さん(他2名が名前わからなくてすいません)たちのレポートが始まった。

須田さんは、とても回転がよくて対応力があると前から思ってた。喋りもうまい。

だから、今、SKEを引っ張っていけているのかなと思ってます。


気になったのは、撮影クルーの方で、カメラが小さい手持ち1台だった。

これで3人ロケを回しているのか。

それとも…と思って後ろを見たら、ちょっと遠目から、ずっとスマホを回している人がいる。


「バズらせます」番組をしっかり見たことがないから、今度、録画してみようと思いますが、もしかして、スマホがグループショットを押さえているサブカメなのだろうか?

予算の都合も関係しているんだろうけど、反面、スマホのカメラも進化していて、全然、テレビ番組としてスマホでも成立するよな、と前から思っていたので、不思議ではない。まだ、見てみないと分かりませんが。スマホは番組とは別で配信用とか記録用かもしれないし。

制作者目線で、そんなことを考えながら見ていました。


直接、僕は取材受けてませんが、

入って来たとき、僕はドアのど正面の机で仕事していて、

須田さんが入るなり、「意識高い系な雰囲気がします」って言ってたので、

その中の一人になってる・・・ハズです(笑)


取材中は、せっせと写真集のプロデュースや、動画の編集をしておりました。


最後に追記。

取材後、プロコワの扉が閉まるまで、

須田さんは最後まで、「ご協力ありがとうございました。お邪魔しました。失礼します」って頭を下げ続けていた。こういうのを見ると、仕事したいなって、思えますよね。業種問わず。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゾーン

動画を制作していると、急にゾーンに入る時がある。 この1週間くらい、編集が楽しくなっていて、どんどん進んでいます。 1つは、知人のYouTube動画の編集を手伝っていて、これは1本作るのに大体1時間くらい。 それとは別に、期限が曖昧な継続案件で、他の仕事が立て込んでいて、保留にしていたものを一気に6本くらい片付けました。 編集モードに入ると、割と深夜になったり、朝からずっと籠もりきりだったりします

薄氷を踏みながら進む

非常に怖い夢を見た。 お化けや人殺しなどではない。 周りにいる全員からソッポを向かれ、仕事がなくなり、「君、もういいよ」なんて言われる。今まで仲良く仕事をしていた人からも愛想を尽かされる。 夢の中で、「もう死んでやる」と叫んだところで目が覚めた。 実際、独立して経営者をしていると、一歩間違えればそうなってしまう。 そんな真理をついた夢だった。脳が自分自身に警告しているんだろう。 油断をするな、手を

大阪へ

9月1日〜3日、大阪へ行っていました。 今まで何度かリモートでお会いしていた企業様のところへ。 実際の現場を、直接見学させていただき、今後、お互いの事業をさらに発展させるために。 やはりリモートでもらう情報量と、実際に見てその場で話し合ったり、アイデア出し合うのとでは、スピード感も、内容の質も違う。 なかなかコロナの状況も収まりませんが、直接会う大切さを実感しました。 そんな直接会う価値のある人た